貴金属 | 2018年04月13日 00:31 JST

〔ロンドン金〕大幅反落(12日)

 【ロンドン時事】12日のロンドン自由金市場の金塊相場は大幅反落した。1オンス=1338.49ドルと、前日終値比20.355ドル安で引けた。  シリア情勢をめぐる過度な緊張感が和らぐ中、金塊相場は朝から売り優勢の展開が続いた。CMCマーケッツのアナリスト、デビッド・マッデン氏は「前日に上げたので、利食い売りに押された。トランプ米大統領がシリアへの攻撃が差し迫ったものではないと示唆し、対立が落ち着いていることも利食い売りを誘ったようだ」との見方を示した。  金塊は、1350.63ドルで寄り付き、午前は1345.90ドルで値決めされた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.57
NYMEX金先物 10月限 1206.6 -1.3
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 +2.5
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 +0.0212
WTI ・・・ 70.72 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +1.5
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -5.5
シカゴコーヒー ・・・ 99.9 +0.15
CRB商品指数 ポイント 0 +0