貴金属 | 2018年05月15日 04:02 JST

〔NY金〕小幅続落(14日)

 【ニューヨーク時事】週明け14日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、投資家のリスク選好意欲が高まる中、安全資産とされる金には売り圧力がかかり、小幅続落した。中心限月6月物の清算値は前週末比2.50ドル(0.19%)安の1オンス=1318.20ドル。  米国と中国による貿易摩擦解消に向けた協議進展への期待などが広がる中、投資家のリスク選好意欲が強まり、米株相場が堅調に推移。これに対し、安全資産とされる金の需要は減退した。  ただ、外国為替市場ではドル安・ユーロ高基調が継続。ドル建てで取引される金塊に割安感が生じて下値が抑えられた上、この日は主要な米経済指標の発表がなく動意にも薄かったため値動きは限定的だった。  金塊現物相場は午後1時40分現在、3.335ドル安の1317.820ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.52
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +2.4
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.0014
WTI ・・・ 65.39 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 -7.5
シカゴコーヒー ・・・ 100.6 -1.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0