貴金属 | 2018年05月16日 18:54 JST

〔インサイト〕金現物、反発=ショートカバー(16日)

 【ベンガルール(インド)ロイターES=時事】欧州時間16日朝の金現物相場は、反発。ショートカバー(空売りの買い戻し)が入り、前日の下落分を一部取り戻した。  金現物は0639GMT(現地時間午後3時39分)時点で0.3%高の1オンス=1294.30ドル。前日は米国債利回りやドルの上昇を背景に1.7%下落し、年初来安値の1288.31ドルを記録した。  ドル指数は16日、5カ月ぶりの高値近辺を推移。15日発表された強めの内容の米小売売上高を受けて10年物米国債利回りが上伸し、ドルを押し上げた。  一方で北朝鮮が韓国との閣僚級会談をキャンセルしたことで、きょうのアジア株は圧迫された。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.12 +0.58
NYMEX金先物 10月限 1203.9 +2.7
NYMEXプラチナ先物 10月限 821.9 +3.6
NYMEXガソリン 9月限 2.0207 +0.0079
WTI ・・・ 71.03 +0
シカゴコーン ・・・ 345.75 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 830 -4
シカゴコーヒー ・・・ 96.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0