貴金属 | 2018年05月17日 18:41 JST

〔インサイト〕金現物、下落=ドルが年初来高値水準で推移(17日)

 【ベンガルール(インド)ロイターES=時事】欧州時間17日朝の金現物相場は下落。序盤の値を消し、5カ月ぶり安値に近づいた。ドルは、年初来高値水準で推移している。  金現物は0723GMT(現地時間午後4時23分)時点で、0.1%安の1オンス=1288.65ドル。  ドル指数は、前日付けた年初来高値の水準で推移している。一方、ユーロは5カ月ぶり安値近辺で取引されている。イタリアの政治情勢をめぐる懸念が背景。  米国債券利回りの急伸も金相場を圧迫した。10年債利回りは、2011年ぶりの高水準を付けた。  ただ、投資家によると、北朝鮮が米朝首脳会談の中止をちらつかせている政治不安の増大により、金相場の下落が制限される可能性があるとした。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.43 +0.9
NYMEX金先物 12月限 1221.2 +7.4
NYMEXプラチナ先物 12月限 845.7 +3.1
NYMEXガソリン 11月限 1.4959 +0.0171
WTI ・・・ 53.34 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 881 +3.25
シカゴコーヒー ・・・ 110.05 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0