貴金属 | 2018年05月18日 00:43 JST

〔ロンドン金〕4日続落(17日)

 【ロンドン時事】17日のロンドン自由金市場は、米長期金利やドル相場の上昇を嫌気して4営業日続落し、金塊相場は前日比0.195ドル安の1オンス=1288.425ドルで引けた。  午前の金塊はジリ安となり、正午前に1285ドル台まで下落した。ただ、売り一巡後は買い戻しが入り、徐々に下げ幅を縮小した。  英シティ・インデックスのアナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は「金塊はドル高だけでなく、(米長期)金利の上昇の犠牲となっている。金塊には利子が付かない。投資家にとっては資産というより、だんだん負債という感じになりつつある。ドル高が一服するまで、金塊は弱気地合いが続きそうだ」などと話した。  金塊の寄りつきは1293.095ドル。午前の値決めは1288.85ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.12
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +6.1
NYMEXプラチナ先物 3月限 805.3 +1.1
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 -0.012
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 97.95 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0