��������� | 2018年05月18日 14:31 JST

〔週間見通し〕NY金、ドル上昇基調で軟調推移か=楽天証券・吉田氏

 吉田哲・楽天証券経済研究所コモディティアナリスト=来週のニューヨーク金先物相場は軟調に推移しそうだ。主要通貨に対するドル指数の上昇基調が背景で、市場を取り巻く状況次第では1オンス=1270ドルまでの下げ余地があるとみられる。  最近発表された米経済指標を見ると、特に弱い内容がなく、利上げの方向性は変わらない。6月の利上げは既定路線であり、ドル高基調が続くだろう。来週は、23日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が注目される。  ドル指数は現在、93台で推移。昨年12月には94台を付けており、目先は94を目指す展開になるかもしれない。一方、ドル指数が低下する局面になれば、金の押し上げ要因となり、心理的な節目の1300ドルを回復することもあり得る。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 70.32 +0.39
NYMEX金先物 10月限 1206.6 -7.1
NYMEXプラチナ先物 10月限 834.2 -5.5
NYMEXガソリン 9月限 2.0146 -0.0011
WTI ・・・ 70.75 +0
シカゴコーン ・・・ 352.5 +5.25
シカゴ大豆 ・・・ 850.25 -0.5
シカゴコーヒー ・・・ 99.7 -0.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0