��������� | 2018年05月23日 00:38 JST

〔ロンドン金〕反発(22日)

 【ロンドン時事】22日のロンドン自由金市場の金塊相場は反発した。1オンス=1292.60ドルと、前日終値比3.905ドル高で引けた。  外為市場のドル安を眺めて、金は値上がりした。ただ、最近のドル高地合いを反映して上値は重く、CMCマーケッツのアナリスト、デビッド・マッデン氏は「金は過去数カ月間、明らかに下落局面が続いている。しばらくは1300ドルを下回る水準で推移しそうだ」との見方を示した。  金塊は、1290.20ドルで寄り付き、午前は1293.90ドルで値決めされた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.43 +0.9
NYMEX金先物 12月限 1221.2 +7.4
NYMEXプラチナ先物 12月限 845.7 +3.1
NYMEXガソリン 11月限 1.4959 +0.0171
WTI ・・・ 53.34 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 881 +3.25
シカゴコーヒー ・・・ 110.05 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0