貴金属 | 2018年06月12日 18:07 JST

〔インサイト〕金現物、小安い=ドル高や米朝首脳会談で(12日)

 【ベンガルール・ロイターES時事】12日欧州時間朝の金現物相場は小安い。前向きな内容だった米朝首脳会談を受け、ドルが上昇したのが背景。市場は、米連邦制度準備理事会(FRB)による利上げの可能性に備えている。  金現物は0719GMT(日本時間午後4時19分)時点で、0.1%安の1オンス当たり1297.96ドル。  ANZアナリストのダニエル・ハインツ氏は「現状では、ドルが当面大きな相場変動要因だ。投資家らは、最近の地政学的リスクの緩和以上に、確実にドルを考慮している。ドルは長期的な相場の変動要因となるだろう」と述べた。  12日のドルは、対円で3週間ぶりの高値を付けた。  また、ウィン・ファン・フィナンシャルグループ(在香港)の調査部門責任者、マーク・トー氏は「市場は米連邦公開市場委員会(FOMC)により注目している」と指摘。FOMCは12日から2日間の予定で開催され、利上げが見込まれている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 68.65 +0.17
NYMEX金先物 11月限 1227.4 -0.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 831.7 +1
NYMEXガソリン 10月限 1.8911 +0.0111
WTI ・・・ 68.58 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 -1
シカゴ大豆 ・・・ 863.5 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 121.65 -0.4
CRB商品指数 ポイント 0 +0