貴金属 | 2018年06月12日 00:49 JST

〔ロンドン金〕3日ぶり上昇(11日)

 【ロンドン時事】週明け11日のロンドン自由金市場は、軟調なドルを好感して3営業日ぶりに上昇し、金塊相場は前週末比3.13ドル高の1オンス=1300.92ドルで引けた。  午前の金塊はジリ安。正午前に1293ドル台まで売られたが、その後は買い戻しが続き、引けにかけて1300ドル台を回復した。  英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「ドルが売られたため、金塊は買われた。このところ金塊の取引レンジは狭く、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表まで、このレンジが続く公算が大きい」と指摘した。  金塊の寄りつきは1298.625ドル。午前の値決めは1296.05ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.06 +0.26
NYMEX金先物 6月限 1274.6 +3
NYMEXプラチナ先物 7月限 887.8 -4.6
NYMEXガソリン 6月限 2.0232 +0.0254
WTI ・・・ 65.01 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 -5.5
シカゴ大豆 ・・・ 905.5 -1
シカゴコーヒー ・・・ 114.55 -0.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0