貴金属 | 2018年06月12日 08:53 JST

〔東京貴金属〕金、NY高や円軟化受け続伸=白金は小動き(12日朝)

 金は続伸。中心限月2019年4月先ぎりの始値は、前日比17円高の4596円。日中立ち会いは、11日のニューヨーク金先物相場が、米朝首脳会談など重要イベントを控えて様子見姿勢が広がる中を小幅上昇したほか、為替相場が円安・ドル高に振れているのを受け、買いが先行して始まった。  銀は堅調。  白金は小動き。NY相場が前日の東京市場大引け時を下回る一方、円相場は軟化しており、強弱両材料の綱引きで動きにくい。19年4月先ぎりは1円安の3220円で寄り付いた。パラジウムは期先が高寄りした。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0