貴金属 | 2018年06月14日 00:37 JST

〔ロンドン金〕小幅続落(13日)

 【ロンドン時事】13日のロンドン自由金市場は、ドルの上昇を嫌気して小幅続落し、金塊相場は前日比0.87ドル安の1オンス=1298.07ドルで引けた。  朝方はドルの上昇を眺めて1292ドル台に下落。その後、ドルが上げ幅を削る展開に転じると、金塊には買い戻しが入り、下げ幅を縮小した。  アクセンド・マーケッツのマイク・ファンダルケン氏は「金塊は朝方に1週間ぶり安値圏に値を消したが、一巡後は戻している。5月末以降、取引レンジは1290~1305ドルと、極めて狭い。前日の(米朝)サミットで地政学上のリスクが後退したのも、金塊にとっては圧迫材料だ」と話した。  金塊の寄りつきは1295.855ドル。午前の値決めは1294.40ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.46 +0.37
NYMEX金先物 11月限 1212.8 +8.1
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +2.7
NYMEXガソリン 11月限 1.5566 +0.0247
WTI ・・・ 56.44 +0
シカゴコーン ・・・ 367.5 -2.75
シカゴ大豆 ・・・ 888.75 +3.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.55 +2.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0