��������� | 2018年06月19日 17:02 JST

〔インサイト〕金現物、上昇=米中貿易摩擦に懸念(19日)

 【ベンガルール・ロイターES=時事】欧州時間19日朝の金現物相場は上昇。激化する米中の貿易摩擦が株価下落を誘う中、「安全な資産の逃避先」を求める買いが金相場を支えた。  0640GMT(日本時間午後3時40分)時点では0.2%高の1オンス=1280.29ドルで推移している。  世界の2大経済大国間の貿易戦争が一段と激しさを増す中、トランプ米大統領が2000億ドル相当の中国製品に10%の追加制裁関税を課すと警告したことを受け、アジア株とドル相場が下げ幅を拡大させている。オアンダのアナリスト、スティーブン・イネス氏は「投資家が損失を穴埋めしようとして、特に株式市場では多少パニックのような状況が生じた。ご存じの通り、金はそんなときにヘッジとして買われる」と指摘した。  金は円と同様、安全な資産の逃避先と見られており、その価格は金融や政治の先行きが不透明なときに上昇しやすい。  しかし、ナショナル・オーストラリア銀行のアナリスト、ジョン・シャルマ氏は、金の上値を押さえているのは米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派的な政策スタンスだと指摘した。  ドル相場は米金利が高くなると上昇する傾向があり、ドル建てで取引される金の相場を圧迫する。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 71.01 -0.23
NYMEX金先物 8月限 1241.2 +0.3
NYMEXプラチナ先物 9月限 830.9 +2.3
NYMEXガソリン 7月限 2.1067 -0.0043
WTI ・・・ 70.98 +0
シカゴコーン ・・・ 341.25 +0
シカゴ大豆 ・・・ 818.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 107.05 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0