��������� | 2018年06月20日 00:36 JST

〔ロンドン金〕3営業日続落(19日)

 【ロンドン時事】19日のロンドン自由金市場の金塊相場は3営業日続落となり、1オンス=1274.06ドルと、前日終値比4.685ドル安で引けた。  米中貿易摩擦の激化で株式市場などではリスク回避気分が強まったが、金塊は朝高後に値を消した。ドルが円以外の主要通貨に対して強含んだことが背景にあるが、オックスフォード・エコノミクスのアナリスト、ダン・スミス氏は「今の金塊相場は人々がパニックに陥っているとは示していない」との見方を示した。  金塊は、1282.85ドルで寄り付き、午前は1279.00ドルで値決めされた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.43 +1.28
NYMEX金先物 12月限 1221.2 +5.3
NYMEXプラチナ先物 12月限 845.7 +3.1
NYMEXガソリン 11月限 1.4959 +0.0286
WTI ・・・ 53.34 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 881 -1
シカゴコーヒー ・・・ 109.95 -0.7
CRB商品指数 ポイント 0 +0