��������� | 2018年06月23日 01:12 JST

〔ロンドン金〕小反発(22日)

 【ロンドン時事】週末22日のロンドン自由金市場は小動きの中を小反発し、金塊相場は前日比1.365ドル高の1オンス=1269.515ドルで引けた。週間ベースでは0.9%安。  この日の金塊は1266~1271ドルの狭いレンジで方向感のない取引が続いた。ロンドン・キャピタル・グループのジャスパー・ローラー氏は「金塊の地合いは弱い。貿易をめぐる不透明感があるのは明らかだが、金塊の相場を左右する要因としてはドルの方が大きい」と話した。  金塊の寄りつきは1269.19ドル。午前の値決めは1269.70ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.43 +1.28
NYMEX金先物 12月限 1221.2 +5.3
NYMEXプラチナ先物 12月限 845.7 +3.1
NYMEXガソリン 11月限 1.4959 +0.0286
WTI ・・・ 53.34 +0
シカゴコーン ・・・ 361.25 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 881 -1
シカゴコーヒー ・・・ 109.95 -0.7
CRB商品指数 ポイント 0 +0