貴金属 | 2018年07月11日 00:58 JST

〔ロンドン金〕反落(10日)

 【ロンドン時事】10日のロンドン自由金市場はドル高を嫌気して反落し、金塊相場は前日比7.11ドル安の1オンス=1254.455ドルで引けた。  この日の金塊はドルの上昇を眺めて1250ドルを割り込み、正午すぎに一時1246ドル台まで売られた。その後は引けにかけて買い戻しが入った。  英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「金塊はドル高に押されて値を下げた。弱気地合いが続けば、次は1236ドルの抵抗線を試す展開になる可能性がある」と予想した。  金塊の寄りつきは1257.415ドル。午前の値決めは1253.70ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.25 -0.14
NYMEX金先物 12月限 1210.1 +2.9
NYMEXプラチナ先物 1月限 833.8 +4.9
NYMEXガソリン 11月限 1.5606 -0.0124
WTI ・・・ 56.11 +0
シカゴコーン ・・・ 367 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 883.5 +4.75
シカゴコーヒー ・・・ 112.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0