貴金属 | 2018年07月12日 01:04 JST

〔ロンドン金〕続落(11日)

 【ロンドン時事】11日のロンドン自由金市場は、強いドルを眺めて続落し、金塊相場は前日比8.135ドル安の1オンス=1246.32ドルで引けた。  この日の金塊は1250ドル台前半を中心とした狭いレンジで小動きが続いたが、引けにかけてドル相場が上昇したことを嫌気し、売りが加速した。  オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「ドル高が金塊を圧迫し、資金の安全な逃避先としての訴求力が減退した。逃避先としては、米国債の方に資金が集まっているようだ」と話した。  金塊の寄りつきは1251.105ドル。午前の値決めは1250.00ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 65.46 +0.46
NYMEX金先物 8月限 1176.2 +5
NYMEXプラチナ先物 9月限 783.1 -5.8
NYMEXガソリン 8月限 1.9874 -0.009
WTI ・・・ 65.88 +0
シカゴコーン ・・・ 365.25 -0.75
シカゴ大豆 ・・・ 885.5 +1
シカゴコーヒー ・・・ 101.1 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0