��������� | 2018年07月18日 00:36 JST

〔ロンドン金〕3日続落(17日)

 【ロンドン時事】17日のロンドン自由金市場は、米利上げ観測やドル高を嫌気して3営業日続落し、金塊相場は前日比11.89ドル安の1オンス=1227.74ドルと、1年ぶり安値で引けた。  パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を控え、午前の金塊は1240ドル台の狭いレンジで動意に乏しい状態が続いた。午後に入るとドル高を眺めて1230ドル台に下落。さらにパウエル議長が米経済をめぐる楽観的な見通しを示すと、一時1225ドル台まで下げ幅を広げた。  英CMCマーケッツのマイケル・ヒューソン氏は「金塊はドル高を受けて1年ぶり安値を付けた。パウエル氏の発言を見ても、9月利上げの可能性は十分ある」と指摘した。  金塊の寄りつきは1241.20ドル。午前の値決めは1243.65ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.36 +0.2
NYMEX金先物 10月限 1221.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 822.5 +3
NYMEXガソリン 10月限 1.9067 +0.0063
WTI ・・・ 69.2 +0
シカゴコーン ・・・ 369.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 858.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 117.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0