��������� | 2018年07月21日 00:31 JST

〔ロンドン金〕大幅反発(20日)

 【ロンドン時事】週末20日のロンドン自由金市場の金塊相場は、ドル安を受けて6営業日ぶりに大幅反発となった。1オンス=1229.14ドルと、前日終値比11.69ドル高で引けた。  トランプ米大統領は19日に米連邦準備制度理事会(FRB)の金融引き締めに不満を表明し、20日にもツイッターで同趣旨の投稿をした。これを受けて外為相場でドル安が進み、金塊相場も連れて値を上げた。  金塊は、1222.245ドルで寄り付き、午前は1224.85ドルで値決めされた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 69.36 +0.21
NYMEX金先物 10月限 1221.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 822.5 +3
NYMEXガソリン 10月限 1.9067 +0.0063
WTI ・・・ 69.2 +0
シカゴコーン ・・・ 369.5 +0
シカゴ大豆 ・・・ 858.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 117.65 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0