��������� | 2018年08月17日 12:18 JST

〔週間見通し〕NY金、軟調=ドル高で、1150ドルも―楽天証券・吉田氏

 吉田哲・楽天証券経済研究所コモディティアナリスト=来週のニューヨーク金先物相場は、軟調地合いになるだろう。引き続き、ドル高が圧迫要因になる。中心限月12月物は継続足で、2017年1月に付けた1オンス=1150ドルを目指す可能性がある。  ドルは、米中貿易戦争やトルコショック、イラン情勢といった先行き不透明要因が多い中で、消去法的に買われている状況だ。来週以降もドル高・新興国通貨安が続く可能性が高いとみている。  また、米国の追加利上げ観測もドルのサポート要因になる。24日にパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長がジャクソンホール会合で講演を行う。パウエル議長が、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げに前向きな姿勢を改めて示せば、ドル買いが進み、NY金は売りに押されるだろう。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.93 -0.76
NYMEX金先物 12月限 1203.5 +0.8
NYMEXプラチナ先物 1月限 845.3 +1.2
NYMEXガソリン 11月限 1.6367 -0.0136
WTI ・・・ 59.8 +0
シカゴコーン ・・・ 371.25 -1.5
シカゴ大豆 ・・・ 871.75 -0.25
シカゴコーヒー ・・・ 110.15 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0