��������� | 2018年08月22日 00:39 JST

〔ロンドン金〕小幅続伸(21日)

 【ロンドン時事】21日のロンドン自由金市場はドル安を好感して小幅続伸し、金塊相場は前日比1.28ドル高の1オンス=1187.90ドルで引けた。  トランプ米大統領が米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げを批判したことでドルが売られ、金塊は高寄り。一時1196ドル台まで買われたが、その後はドルに買い戻しが入るのを眺めて上げ幅を削っていった。  英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「金塊はドル安が支援材料となり、1週間ぶり高値を付けた。先週大きく下げたことから、安値拾いも入った」と指摘した。  金塊の寄りつきは1195.515ドル。午前の値決めは1184.10ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.47
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +7.2
NYMEXプラチナ先物 4月限 806.9 +1.1
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 -0.0034
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0