貴金属 | 2018年09月13日 18:43 JST

〔インサイト〕金現物、ほぼ変わらず=米中貿易協議再開を期待(13日午前)

 【ベンガルール・ロイター時事】欧州時間13日朝の金現物相場はほぼ変わらず。米中間の貿易協議再開への期待が浮上する中、前日付けた1週間超ぶり高値付近で推移している。一方、ドル高が引き続き、金の上値を抑えている。  金現物は0758GMT(日本時間午後4時58分)時点でほぼ変わらずの1オンス=1205.78ドル。前日は1208.48ドルと、8月31日以来の高値を付けた。  米政府高官が中国側に、新たな貿易協議の開催を提案する書簡を送ったことで、米国の方針が若干変わるとの見方が強まった。  何カ月にもわたる米中間の貿易摩擦では、米国のほうが失うものが少ないとの見方から、投資家はドル買いに傾いている。ニューヨーク商品取引所(COMEX)では、金のショートポジションが過去最高水準に積み上がっており、金を取り扱う投資ファンドで大規模な手じまい売りが出ている。  金相場は4月のピーク時から12%近く下落。世界的な貿易摩擦の激化や、米国の金利上昇が影響している。  主要6通貨に対するドル指数は0.1%高の94.927。  香港のリーチョン・ゴールド・ディーラーズの主任ディーラー、ロナルド・レオン氏は「金相場は引き続きドルの値動きにつれる一方で、米中協議に関する前向きなニュースは、どれも金の支援材料となる可能性がある」と分析した。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.62 +0.02
NYMEX金先物 8月限 1411.2 -3.9
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.3 -0.1
NYMEXガソリン 7月限 1.8918 +0.0076
WTI ・・・ 57.41 +0
シカゴコーン ・・・ 435.25 -1
シカゴ大豆 ・・・ 887.75 -1
シカゴコーヒー ・・・ 104.1 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0