貴金属 | 2018年10月09日 16:56 JST

〔インサイト〕金、小高い=中国経済懸念でリスク回避(9日)

 【ベンガルール・ロイター時事】9日の金現物相場は小高い。中国の経済成長鈍化への懸念からアジア株が下落するなど、リスク志向の弱まりに押し上げられた。  金現物は0715GMT(日本時間午後4時15分)時点で、0.2%高のオンス当たり1189.58ドル。  OANDAのアジア太平洋地区トレーディング部門責任者、スチーブン・イネス氏は「金には安値拾いの買いが入った。株価下落に対する懸念から、資金の安全な逃避先を狙った買いにも一部支えられた」と話した。その上で「市場は株式市場が下落する可能性を過小評価していると強く思う。株価下落の可能性こそ、金へのヘッジの中心だ」と語った。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 49.88 -1.41
NYMEX金先物 12月限 1247.4 -1
NYMEXプラチナ先物 1月限 795.9 -5.5
NYMEXガソリン 12月限 1.4104 -0.0236
WTI ・・・ 49.75 +0
シカゴコーン ・・・ 384 +2
シカゴ大豆 ・・・ 904.75 +6.75
シカゴコーヒー ・・・ 94.7 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0