貴金属 | 2018年10月09日 00:30 JST

〔ロンドン金〕続落(8日)

 【ロンドン時事】週明け8日のロンドン自由金市場は外国為替市場のドル高を受けて大幅続落となり、金塊相場は1オンス=1185.565ドルと、前営業日終値比16.415ドル安で引けた。  ドルは対円では軟化したものの、ユーロやポンドなど他の主要通貨に対しては強含んだ。  金塊相場は前週に1200ドルを挟んだ売買が続いていた。CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「ついに金塊相場に動きが出た。もし下落局面に入るのなら、1160ドル辺りが目安となる」との見方を示した。  金塊は1196.79ドルで寄り付き、午前は1194.80ドルで値決めされた。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.47
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +7.2
NYMEXプラチナ先物 4月限 806.9 +1.1
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 -0.0034
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0