貴金属 | 2018年10月10日 18:45 JST

〔インサイト〕金現物、横ばい=ドルの上昇一服(10日)

 【ベンガルール・ロイター時事】10日の金現物相場は狭いレンジで推移した。ドルは7週間ぶり高値から値を消したが、堅調な米経済や米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ見通しを背景に地合いは底堅い。  金現物は0730GMT(日本時間午後4時30分)時点で、ほぼ変わらずの1オンス当たり1189.35ドル。取引レンジは4ドル。  主要6通貨に対するドル指数は、ほぼ変わらずの95.695。  ロイター通信のテクニカルアナリスト、ワン・タオ氏によると、金現物は1182ドルの下値支持線を再び試す可能性があり、これを割り込めば、次の支持線の1174ドルに下落する可能性がある。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 46.24 +1.2
NYMEX金先物 12月限 1249.2 +0
NYMEXプラチナ先物 1月限 794.8 +3.6
NYMEXガソリン 12月限 1.3505 +0.0308
WTI ・・・ 46.07 +0
シカゴコーン ・・・ 385.5 -1.25
シカゴ大豆 ・・・ 907.75 -4.75
シカゴコーヒー ・・・ 101.5 +2.1
CRB商品指数 ポイント 0 +0