貴金属 | 2018年10月12日 03:57 JST

〔NY金〕大幅続伸=2カ月ぶりの高値(11日)

 【ニューヨーク時事】11日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、世界的な株安を背景に安全資産とされる金が買われ、大幅続伸した。12月物の清算値は前日比34.20ドル(2.87%)高の1オンス=1227.60ドルと、中心限月ベースで8月1日以来約2カ月ぶりの高値を付けた。  世界的な株安を背景に投資家のリスク回避姿勢が強まり、「質への逃避先」として金塊が買い進まれた。また、朝方発表された9月の消費者物価指数(CPI)が季節調整後で前月比0.1%上昇、コア指数も0.1%上昇だった。市場予想をともに下回ったことで、インフレ高進懸念が幾分後退、金利を生まない資産である金には支援材料となった。  このほか、トランプ米大統領が11日、米株式相場の大幅下落について「米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げによるものだと思う」と改めて非難。これを受けて、FRBが利上げに動きにくくなるのではないかとの思惑も広がった。  金塊現物相場は午後1時40分現在、33.85ドル高の1223.545ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.58 -1.35
NYMEX金先物 12月限 1242.7 -4.6
NYMEXプラチナ先物 1月限 797.5 -10.3
NYMEXガソリン 12月限 1.4782 -0.0353
WTI ・・・ 51.21 +0
シカゴコーン ・・・ 384.25 +0.5
シカゴ大豆 ・・・ 907 -7
シカゴコーヒー ・・・ 98.8 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0