��������� | 2018年11月16日 12:50 JST

〔週間見通し〕NY金、決め手難でもみ合いか=サンワード貿易・陳氏

 陳晁熙・サンワード貿易チーフアナリスト=来週のニューヨーク金先物相場は、もみ合いになるとみられる。特に注目される経済指標の発表がないなど、決め手となる手掛かり材料が見込めないためだ。中心限月の想定レンジは上限が1240ドル、下限が1200ドルないしこれを若干下回る水準。  NY金相場は現在、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる先行き不透明感に下支えられている。ただ、11月の終盤になると、追加利上げの決定が予想される12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)が徐々に意識されるようになり、上値を抑えられそうだ。  今後の注目材料は月末からの20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて開かれる米中首脳会談。貿易摩擦問題に関し、一定の歩み寄りを見せると伝えられている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.43
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +21.9
NYMEXプラチナ先物 3月限 805.3 +6.1
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 -0.0124
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 -4.75
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 -6
シカゴコーヒー ・・・ 97.5 -0.45
CRB商品指数 ポイント 0 +0