��������� | 2018年11月17日 02:06 JST

〔ロンドン金〕続伸(16日)

 【ロンドン時事】週末16日のロンドン自由金市場は、世界経済の減速懸念を背景に逃避資金が流入し、続伸した。金塊相場は前日比7.59ドル高の1オンス=1220.915ドルとで引けた。  週間では0.8%高。  午前は1213~1218ドル台で横ばい推移。しかし、米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長が「世界経済が減速しているいくらかの証拠があり、注意を払うべきだ」との見解を示したと伝わると、金塊は一時1225ドル台まで急伸した。  金塊の寄りつきは1215.66ドル。午前の値決めは1215.80ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.41 +1.38
NYMEX金先物 2月限 1309.8 +9
NYMEXプラチナ先物 3月限 787.5 +17.9
NYMEXガソリン 2月限 1.5085 +0.0657
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 903.5 +4.25
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0