貴金属 | 2018年12月14日 12:31 JST

〔週間見通し〕NY金、米利上げ鈍化示唆なら水準切り上げ=みずほ証券・津賀田氏

 津賀田真紀子・みずほ証券シニアコモディティアナリスト=来週のニューヨーク金先物相場は堅調な展開となり、水準を切り上げると予想している。18日から2日間の日程で開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げペースの鈍化が示唆されれば、米長期金利の低下やドル相場の下落につながり、金相場を押し上げる可能性があるためだ。  米商品先物取引委員会(CFTC)が前週末に発表した取組高報告によれば、NY金の非商業筋(投機筋)の買い越し幅は大きく拡大した。金ETF(上場投資信託)の現物保有高はこのところほぼ横ばいだが、FOMCの結果次第でETFへの投資需要が活発になりそうだ。  米中貿易摩擦の先行き不透明感や、米株価の不安定さも下支え要因。中心限月の想定レンジは1オンス=1240~1275ドルとみている。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.73
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 786.5 +3.5
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0256
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 -0.25
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +4.5
シカゴコーヒー ・・・ 103.7 +0.35
CRB商品指数 ポイント 0 +0