貴金属 | 2019年01月10日 06:46 JST

〔NY金市況・詳報〕金現物、上伸=ドル安が下支え(9日)

 【ベンガルール・ロイター時事】9日の金現物相場は、ドルの下落が下支え要因となり、上伸した。米東部時間午後3時12分(2012GMT)時点で、0.5%高の1オンス=1291.51ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月きりの清算値は0.5%高の1292.0ドルだった。  米国と中国の次官級貿易協議は9日に終了。米国側は、中国が米国産製品を追加購入することを約束したと明らかにした。  TDセキュリティーズの商品戦略部門の責任者、バート・メレク氏は「米中の貿易協議が合意に達する可能性に加え、中国の景気刺激策も材料に挙がっていた」と指摘した。  主要6通貨バスケットに対する値動きを示すドル指数は、米連邦準備制度理事会(FRB)が将来の利上げに慎重姿勢を示し、米中貿易協議に楽観論が浮上したことを受けて、昨年10月以来の安値水準まで下落した。  RBCウェルス・マネジメントのマネージング・ディレクターのジョージ・ゲロ氏は「利上げをめぐる懸念を抱いていたトレーダーの肩の荷が下りたようだ」と語った。その上でゲロ氏は、トレーダーらは今後の方向感を探る上で、米中協議の進展、米政府機関閉鎖、英国の欧州連合(EU)離脱の行方に注目するとの見方を示した。  世界最大の金上場投資信託(ETF)、SPDRゴールド・トラストの保有高は8日時点で0.03%減の796.53トンとなった。依然、昨年8月以来の高水準近くを維持している。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.62 -0.23
NYMEX金先物 2月限 1284 -2.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 796.4 +2.3
NYMEXガソリン 1月限 1.3857 -0.0007
WTI ・・・ 52.39 +0
シカゴコーン ・・・ 378.75 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 915 +2.25
シカゴコーヒー ・・・ 103.4 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0