貴金属 | 2019年01月12日 08:18 JST

〔NY金市況・詳報〕金現物、上昇=米株安で「質への逃避」買い(11日)

 【ベンガルール・ロイター時事】11日の金現物は上昇し、週間ベースでは4週連続のプラスとなる見通し。米株安や米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めサイクルを停止するとの思惑が広がったことを背景に金が買われた。  金現物は1852GMT(日本時間12日午前3時52分)時点で、0.2%高の1オンス=1288.47ドル。  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月きりの清算値は、0.2%高の1289.50ドルだった。  RJOフューチャーズのシニア市場ストラテジスト、ボブ・ハバーコーン氏は「週末を前にやや株安となったことで、金に『質への逃避』買いが入った」と述べた。ハバーコーン氏はまた、パウエルFRB議長が今後の金利動向でハト派的なスタンスになる可能性を指摘し、金相場の支援材料となっていると説明した。  パウエル議長は10日、FRBは金利政策では忍耐強くなれるとの認識を示した。  11日発表された昨年12月の米消費者物価指数(CPI)は9カ月ぶりに前月比マイナスとなり、パウエル議長を含む利上げに慎重な複数の当局者の発言を後押しする結果となった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 53.01 -0.82
NYMEX金先物 1月限 1282.5 +0.7
NYMEXプラチナ先物 1月限 786.5 +3.5
NYMEXガソリン 1月限 1.4015 -0.0302
WTI ・・・ 52.54 +0
シカゴコーン ・・・ 379 -0.5
シカゴ大豆 ・・・ 909.25 +4
シカゴコーヒー ・・・ 103.9 +0.55
CRB商品指数 ポイント 0 +0