貴金属 | 2019年01月17日 07:11 JST

〔NY金市況・詳報〕金現物、上昇=米利上げの一時休止観測で(16日)

 【ベンガルール・ロイター時事】16日の金現物相場は上昇した。米東部時間午後3時42分(2042GMT)時点では、0.3%高の1オンス=1292.51。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の2月きりの清算値は0.4%高の1293.80ドルだった。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを一時的に休止するとの観測が相場を支えた。  スタンダード・チャータード銀行の貴金属アナリスト、スキ・クーパー氏は「ドル安が見込まれるほか、FRBも今年下期まで追加利上げを見送るとみられ、全体として金に非常に好ましい環境だ」と述べた。  アナリストらは引き続き、各国での低調な経済指標を受け、世界経済が減速する恐れが高まると懸念。経済的、政治的な不透明感が強い状況の下で、安全な投資先としての金の魅力が高まると予想した。  政府機関の一部閉鎖など米国経済のリスクを踏まえ、タカ派のFRB当局者の間で追加利上げを忍耐強く判断するとの見方が広がりつつある。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.59 +0.47
NYMEX金先物 2月限 1318.1 +7.2
NYMEXプラチナ先物 4月限 806.9 +1.1
NYMEXガソリン 2月限 1.5729 -0.0034
WTI ・・・ 55.53 +0
シカゴコーン ・・・ 374.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 907.5 +0
シカゴコーヒー ・・・ 97.6 -0.25
CRB商品指数 ポイント 0 +0