貴金属 | 2019年02月09日 01:50 JST

〔ロンドン金〕6日ぶり反発(8日)

 【ロンドン時事】週末8日のロンドン自由金市場は、株安やさえないドルの動きを好感し、6営業日ぶりに反発した。金塊相場は前日比3.775ドル高の1オンス=1314.255ドルで引けた。  週間では0.3%安。  この日は序盤で1310ドルを割り込み、1307ドル台に値を消した。しかし、その後はジリ高に転じて切り返し、終盤には1315ドル台まで水準を切り上げた。  英シティ・インデックスのアナリスト、ファワド・ラザクザダ氏は「株価の弱さから逃避資金が流入したほか、ドルの強さは続かないという見方が根強いようだ」と話した。  寄りつきは1308.745ドル。午前の値決めは1311.10ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.16 -0.26
NYMEX金先物 2月限 1343.3 -9.8
NYMEXプラチナ先物 4月限 834.2 -6.2
NYMEXガソリン 2月限 1.5981 -0.0047
WTI ・・・ 56.85 +0
シカゴコーン ・・・ 370.75 +6
シカゴ大豆 ・・・ 902.5 +9.5
シカゴコーヒー ・・・ 96.65 -0.9
CRB商品指数 ポイント 0 +0