貴金属 | 2019年03月18日 18:49 JST

〔インサイト〕金現物、上昇=ドル下落で(18日)

 欧州時間18日朝の金現物相場は上昇。ドルの下落に支えられている。低調な内容だった米鉱工業生産指数を受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)が今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、ハト派的な姿勢を打ち出す可能性が増した。  金現物は0804GMT(日本時間午後5時4分)時点で、0.2%高の1オンス=1303.92ドル。  イエス・セキュリティーズのヒテシュ・ジェイン副社長は「金相場は米経済指標に大きく支えられる可能性がある」と述べた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 59.38 -0.24
NYMEX金先物 7月限 1411.5 -5.6
NYMEXプラチナ先物 7月限 816.6 -5.1
NYMEXガソリン 6月限 1.9704 -0.0102
WTI ・・・ 59.14 +0
シカゴコーン ・・・ 443.25 +0.75
シカゴ大豆 ・・・ 894.25 +0.5
シカゴコーヒー ・・・ 104.9 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0