貴金属 | 2019年03月20日 01:57 JST

〔ロンドン金〕3日続伸(19日)

 【ロンドン時事】19日のロンドン自由金市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を20日に控えて3日続伸した。金塊相場は前日比2.595ドル高の1オンス=1307.29ドルで引けた。  午前はジリ高。序盤に1303ドル近辺に弱含んだ後、午後1時すぎに1310ドル台の高値を付けた。引けにかけては上げ幅を削った。  英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「弱いドルが金塊相場を押し上げた。1290ドル以上の水準を維持できれば、おおむね上向きの地合いが続くと考えることができる」と話した。  寄りつきは1305.66ドル。午前の値決めは1308.35ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.76 +0.24
NYMEX金先物 4月限 1272.2 +0.9
NYMEXプラチナ先物 4月限 886.8 +7.4
NYMEXガソリン 4月限 2.0418 +0.0282
WTI ・・・ 63.97 +0
シカゴコーン ・・・ 358.25 +0.25
シカゴ大豆 ・・・ 879 +1.75
シカゴコーヒー ・・・ 90.7 +3.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0