貴金属 | 2019年03月21日 03:48 JST

〔NY金〕小反落(20日)

 【ニューヨーク時事】20日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明などの発表を控えて様子見ムードが広がる中、小反落した。中心限月4月物の清算値は前日比4.80ドル(0.37%)安の1オンス=1301.70ドル。  米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策会合の結果を見極めたいとの思惑が広がる中、金相場は終日にわたって狭いレンジでの商いとなった。  FRBは清算値確定後にFOMC声明と経済・金利見通しを発表。今年の利上げ想定回数を「ゼロ」に引き下げ、景気減速への警戒を強める姿勢を前面に出した。これを受けて、ドルが対主要通貨で下落したことから、ドル建てで取引される金塊などの商品の割安感につながり、FOMC声明などの発表後は金塊相場は時間外取引で上伸に転じた。また、FRBによる年内の利上げ見送り決定自体も金利を生まない資産である金塊にとっては追い風となった。  金塊現物相場は午後1時40分現在、5.900ドル安の1301.395ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 +0.08
NYMEX金先物 7月限 1341.7 +0.2
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -1.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 +0.0029
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +0
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 96 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0