貴金属 | 2019年03月25日 17:41 JST

〔インサイト〕金現物、上昇=米景気後退懸念(25日)

 欧州時間25日午前の金現物相場は上昇。米国の景気後退の可能性と世界経済減速への懸念を受けて、リスク資産への投資意欲が後退した。投資家は株を売り、金に資金を移した。  金現物は0800GMT(日本時間午後5時00分)時点で、0.3%高の1オンス=1316.40ドル。  22日に発表された3月米製造業購買担当者景気指数(PMI)が予想外に弱い内容となり、世界経済の減速懸念が強まった。  CMCマーケッツの主任市場ストラテジスト、マイケル・マッカーシー氏は「経済指標で予想通りの弱い内容が続けば、金相場が大幅に上昇する可能性がかなりある」と話した。  米10年債利回りは、3カ月物の利回りを下回った。この長短金利逆転(逆イールド)は、景気後退のリスクを示唆する。  OANADAはノートで「金は1350ドルまで上昇する可能性がある」との見方を示した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 51.93 -0.03
NYMEX金先物 7月限 1340 +6.8
NYMEXプラチナ先物 7月限 794.6 +3.4
NYMEXガソリン 6月限 1.6908 -0.013
WTI ・・・ 51.89 +0
シカゴコーン ・・・ 454.75 -5.25
シカゴ大豆 ・・・ 912.75 -2.75
シカゴコーヒー ・・・ 95.45 -0.6
CRB商品指数 ポイント 0 +0