貴金属 | 2019年04月16日 00:38 JST

〔ロンドン金〕3日続落(15日)

 【ロンドン時事】週明け15日のロンドン自由金市場は、米中貿易協議をめぐる楽観的な見通しを背景に、安全資産としての金塊の訴求力が後退し、3営業日続落した。金塊相場は前週末比4.99ドル安の1オンス=1287.29ドルで引けた。  この日はジリ安。午後に入って4月4日以来2週間弱ぶりに1282ドル台を割り込んだところで上昇に転じ、引けにかけて下げ幅を縮小した。  英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「ドルは比較的軟調に推移したが、金塊は売られた。昨年8月から今年2月にかけて好調に値を上げてきた金塊相場は、このところ陰りが見えている。ただ、1276ドル圏を上回る水準で踏みとどまれば、強気地合いが続くかもしれない」と予想した。  寄りつきは1288.17ドル。午前の値決めは1286.75ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.9 +0.21
NYMEX金先物 6月限 1414.3 +15.4
NYMEXプラチナ先物 7月限 811.7 -1.3
NYMEXガソリン 6月限 1.8549 +0.0189
WTI ・・・ 57.68 +0
シカゴコーン ・・・ 446.75 +3
シカゴ大豆 ・・・ 909 -1
シカゴコーヒー ・・・ 104.65 +2.65
CRB商品指数 ポイント 0 +0