貴金属 | 2019年04月22日 17:53 JST

〔インサイト〕金現物、上伸=原油高映す(22日)

 欧州時間22日朝の金現物相場は上伸。原油相場高を受け、前営業日に付けた約4カ月ぶりの安値から回復した。  0538GMT(日本時間午後2時38分)時点は0.3%高の1オンス=1278.86ドル。前営業日には1270.63ドルと、2018年12月27日以来、約4カ月ぶりの安値を付けた。  フィリップ・フューチャーズのアナリスト、ベンジャミン・ルー氏は「先週の急落を受け、今起きているのは単なるテクニカルな買いだ。一部市場参加者が相場を押し上げている」と指摘した。  OANDAは調査ノートで「地政学的な緊張を背景とした原油相場の上伸に支えられ、金相場は小高くなっている」との見方を示した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.44
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0133
WTI ・・・ 55.39 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.1 -1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0