貴金属 | 2019年04月24日 03:58 JST

〔NY金〕反落=4カ月ぶり安値(23日)

 【ニューヨーク時事】23日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安の進行に伴う割高感に押され、反落した。6月物の清算値は前日比4.40ドル(0.34%)安の1オンス=1273.20ドルと、中心限月ベースで昨年12月下旬以来約4カ月ぶりの安値を付けた。  外国為替市場では、早朝からドル高・ユーロ安が進行。ドル建てで取引される金の割高感につながり、相場を圧迫した。また、米商務省が午前に発表した3月の新築一戸建て住宅販売件数が市場予想を上回ったことや、米主要企業の堅調な決算内容を受けて、この日の米株相場が反発。投資家のリスク選好意欲が回復する中、安全資産とされる金には売り圧力がかかった。  金塊現物相場は午後1時半現在、3.770ドル安の1271.590ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.44
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0133
WTI ・・・ 55.05 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.15 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0