貴金属 | 2019年05月14日 18:35 JST

〔インサイト〕金現物、1カ月ぶり高値付近=米中貿易摩擦で(14日)

 欧州時間14日朝の金現物相場は1カ月ぶりの高値近くで推移している。米中貿易摩擦の激化を受けて、投資家は安全資産である金に資金を移している。  金現物は0737GMT(日本時間午後4時37分)時点で1オンス=1298ドルと横ばい。一時、1303.26ドルと4月11日以来の高値を付けた。  OANDAのシニアアナリスト、ジェフリー・ハレー氏は「市場が混乱している中、市場参加者は安全資産を探している」と述べた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.3 +0.44
NYMEX金先物 7月限 1426.1 +10.1
NYMEXプラチナ先物 8月限 845.2 +12.8
NYMEXガソリン 7月限 1.8342 +0.0133
WTI ・・・ 55.39 +0
シカゴコーン ・・・ 424.5 +7.5
シカゴ大豆 ・・・ 881.25 +19.75
シカゴコーヒー ・・・ 107.1 -1.5
CRB商品指数 ポイント 0 +0