貴金属 | 2019年05月14日 15:42 JST

〔東京貴金属〕金、NY高映し反発=白金は6日ぶり上伸(14日)

 金は反発。終値は、中心限月2020年4月先ぎりが前日比46円高の4566円、他限月は41~51円高。日中立ち会いは、ニューヨーク金先物相場が米中貿易摩擦の激化に対する懸念で上昇したことから、高寄りした。その後は、円相場の下落を眺めて水準を切り上げたが、NY金の軟化に上値を抑えられた。ゴールドスポットは53円高の4586円。  銀は90銭安~30銭高。  白金は6営業日ぶりに上伸。高寄りした後、NYの戻りや円相場の緩みを映し、上げ幅を拡大した。20年4月先ぎりが36円高の3042円、ほかは34~50円高。プラチナスポットは49円高の3038円。パラジウムは、期中以降が22円安~10円高。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 63.1 +0.42
NYMEX金先物 6月限 1277.3 -1.7
NYMEXプラチナ先物 6月限 813 +0.4
NYMEXガソリン 5月限 2.0099 +0.0147
WTI ・・・ 63.07 +0
シカゴコーン ・・・ 389 +6
シカゴ大豆 ・・・ 831.75 +6.75
シカゴコーヒー ・・・ 89 -0.9
CRB商品指数 ポイント 0 +0