貴金属 | 2019年05月14日 04:03 JST

〔NY金〕3日続伸=1カ月ぶり高値(13日)

 【ニューヨーク時事】週明け13日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米中貿易戦争の激化に対する懸念が広がる中、安全資産としての買いが入り、3日続伸した。6月物の清算値は前週末比14.40ドル(1.12%)高の1オンス=1301.80ドルと、中心限月の清算値ベースで4月10日以来約1カ月ぶりに1300ドル台に乗せた。  中国政府は13日、米国が10日に実施した対中制裁関税拡大への報復措置を6月1日に発動すると発表。約600億ドル(約6兆6000億円)相当の米国製品に課している追加関税を最大25%に引き上げる。トランプ米政権も13日、中国からの輸入品すべてに追加関税を課す手続きを公表するとみられることから、米中貿易戦争が激化するとの見方が広がり、米株式相場が寄り付きから急落。投資家のリスク回避姿勢が強まったため、金には「質への逃避」買いが入った。  金塊現物相場は午後1時40分現在、12.875ドル高の1299.500ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 62.76 +0.28
NYMEX金先物 6月限 1275.7 -1
NYMEXプラチナ先物 7月限 820.3 -1.1
NYMEXガソリン 5月限 2.0473 -0.0021
WTI ・・・ 62.72 +0
シカゴコーン ・・・ 383.25 +5.25
シカゴ大豆 ・・・ 821.75 +8.25
シカゴコーヒー ・・・ 87.35 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0