貴金属 | 2019年05月16日 18:33 JST

〔インサイト〕金現物、堅調=米中貿易摩擦への楽観的見方が後退(16日)

 欧州時間16日朝の金現物相場は堅調。節目の1300ドルを下回る水準で小動きだった。米政府が中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に制裁を科したことで、両国の貿易をめぐる対立解消への楽観的な見方が後退した。  金現物は0739GMT(日本時間午後4時39分)時点で、ほぼ横ばいの1オンス=1298.12ドル。値動きは4ドルの範囲内に収まっている。  ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のエコノミスト、ジョン・シャルマ氏は、米中の貿易をめぐる対立がくすぶっており、「金相場への支援材料となるだろう」と話した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 57.62 +0.02
NYMEX金先物 8月限 1411.2 -3.9
NYMEXプラチナ先物 8月限 842.3 -0.1
NYMEXガソリン 7月限 1.8918 +0.0076
WTI ・・・ 57.41 +0
シカゴコーン ・・・ 435.25 -1
シカゴ大豆 ・・・ 887.75 -1
シカゴコーヒー ・・・ 104.1 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0