貴金属 | 2019年05月18日 04:16 JST

〔NY金〕続落(17日)

 【ニューヨーク時事】週末17日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、ドル高・ユーロ安基調に伴う割高感などに圧迫され、続落した。6月物の清算値は前日比10.50ドル(0.82%)安の1オンス=1275.70ドル。週間では0.91%安となった。  外国為替市場では前日からドル高・ユーロ安基調が継続。ドル建てで取引される金塊などの商品には割高感が生じ、前日から圧迫材料となっていた。  その上、この日午前に発表された米経済指標が堅調だったことから、安寄りしていた米株価がもみ合いに転じ、投資家のリスク回避姿勢が後退したことも、安全資産とされる金には下押し圧力となった。5月の米ミシガン大学調査の消費者景況感指数(暫定値)は102.4となり、前月の97.2(確報値)から上昇、市場予想の97.5(ロイター通信調べ)も上回った。また、米民間有力調査会社コンファレンス・ボードが公表した4月の景気先行指標総合指数は前月比0.2%上昇し、市場予想平均と一致した。  金塊現物相場は午後1時50分現在、9.535ドル安の1276.545ドル。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 54.85 +4.51
NYMEX金先物 9月限 1490.9 +13.7
NYMEXプラチナ先物 10月限 952.2 +4.5
NYMEXガソリン 9月限 1.5531 +0.1229
WTI ・・・ 54.71 +0
シカゴコーン ・・・ 368.75 +2
シカゴ大豆 ・・・ 898.75 +0
シカゴコーヒー ・・・ 99.5 +0
CRB商品指数 ポイント 0 +0