貴金属 | 2019年05月23日 18:11 JST

〔インサイト〕金現物、ほぼ横ばい=貿易摩擦懸念とドル高で

 欧州時間23日朝の金現物相場はほぼ横ばい。くすぶる米中貿易摩擦はドル高材料になったが、米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を受け方向感は乏しかった。  金現物は0725GMT(日本時間午後4時25分)時点で、ほぼ横ばいの1オンス=1274.03ドル。21日には1268.97ドルと3日以来の安値を付けていた。  関係筋によると、米政府は中国の監視カメラ大手、杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)に華為技術(ファーウェイ)と同様の制裁を科すことを検討しているという。  ドル指数は0.2%上昇し、週前半に付けた1カ月ぶりの高値圏で推移している。23日のアジア各地の株価は、米中貿易摩擦への懸念を背景に下落した。  デーリーFXのシニア通貨ストラテジスト、イリヤ・スピバック氏は「世界的に不透明感が強い中、(金融政策の行方を)忍耐強く見極める姿勢が繰り返される(FOMC参加者の)発言は利下げ期待を冷やす可能性がある」と分析した。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 -0.19
NYMEX金先物 6月限 1340.1 -5.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -5.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 -0.0066
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +9.5
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +15.75
シカゴコーヒー ・・・ 95.8 -0.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0