貴金属 | 2019年05月24日 13:03 JST

〔週間見通し〕NY金、ドル指数低下なら上昇へ=楽天証券・吉田氏

 吉田哲・楽天証券経済研究所コモディティアナリスト=主要通貨に対するドル指数に頭打ち感が見られ、今後の動きに注目している。同指数が低下すれば、ドル建てで取引されるニューヨーク金先物相場の割安感が意識されて買いが入り、水準を切り上げそうだ。中心限月の想定レンジは1オンス=1270~1300ドル。  経済指標では、31日に5月の中国製造業購買担当者景況指数(PMI)とシカゴ景況指数、4月の米個人所得・個人消費支出(PCE)物価指数が発表される。米中貿易摩擦の影響を見極める上で、関心が寄せられるだろう。  26日まで投票が行われる欧州議会選挙に関しては、移民排斥などを主張する欧州連合(EU)懐疑派がどこまで議席数を増やすかが焦点。懐疑派が勢力を拡大すれば、EUの政策などに影響を及ぼすとの観測が高まり、金相場の支援要因になるとみられる。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 -0.19
NYMEX金先物 6月限 1340.1 -5.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -5.3
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 -0.0066
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +9.5
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +15.75
シカゴコーヒー ・・・ 95.8 -0.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0