貴金属 | 2019年06月11日 00:31 JST

〔ロンドン金〕9日ぶり下落(10日)

 【ロンドン時事】週明け10日のロンドン自由金市場は、リスク選好の戻りを受けて9営業日ぶりに下落した。金塊相場は前週末比16.81ドル安の1オンス=1329.04ドルで引けた。  この日の金塊は1320ドル台の狭いレンジで横ばい推移。オアンダのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は「今日の金塊の動きは、ことさら注意を払う必要はないと思われる。1280ドル台から短期間で1350ドル圏まで上昇した後に利益確定売りが出ても、驚きではない」と話した。  金塊の寄りつきは1327.105ドル。午前の値決めは1328.60ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 52.51 -0.23
NYMEX金先物 6月限 1340.1 -5.1
NYMEXプラチナ先物 7月限 804.7 -5.8
NYMEXガソリン 6月限 1.7325 -0.0098
WTI ・・・ 52.42 +0
シカゴコーン ・・・ 453 +9
シカゴ大豆 ・・・ 896.75 +15.5
シカゴコーヒー ・・・ 95.8 -0.2
CRB商品指数 ポイント 0 +0