貴金属 | 2019年06月20日 07:42 JST

〔NY金市況・詳報〕金現物、続伸=FRB年内利下げ示唆で(19日)

 19日の金現物相場は続伸。米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)の声明で、経済の不透明感拡大や弱い物価上昇に対応して年内に利下げする可能性を示唆したことが支援材料になった。  金現物は米東部時間午後2時43分(1843GMT)時点で、0.3%高の1オンス=1349.40ドル。  BMOの金属デリバティブ部門責任者のタイ・ウォン氏は「今回のFOMCで金利が据え置かれにもかかわらず、金相場は上昇している。明らかに利下げが見込まれいる」と述べた。  FOMC参加者17人中7人が年内に0.5%利下げすることが適切と判断。別の1人も0.25%の利下げを予想した。  スタンダード・チャータード銀行の貴金属アナリスト、スキ・クーパー氏は「最近の金相場の上昇は貿易問題と(世界の)中央銀行による利下げの動きという二つの事柄が合わさった結果だと考えられるが、私はこの二つがまだ完全には織り込まれているとは思っていない」と述べた。(ロイター時事) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 55.35 +1.74
NYMEX金先物 11月限 1473.3 -3.3
NYMEXプラチナ先物 1月限 912.3 +7.7
NYMEXガソリン 11月限 1.6037 +0.0544
WTI ・・・ 54.88 +0
シカゴコーン ・・・ 366.75 +0
シカゴ大豆 ・・・ 905 +0
シカゴコーヒー ・・・ 109.75 +7.05
CRB商品指数 ポイント 0 +0