貴金属 | 2019年10月12日 00:45 JST

〔ロンドン金〕続落(11日)

 【ロンドン時事】11日のロンドン自由金市場は、英国の欧州連合(EU)離脱をめぐる楽観論などを背景とした投資家のリスクオンを嫌気し、続落した。金塊相場は前日比9.99ドル安の1オンス=1482.145ドルで引けた。  週間では1.7%安。  この日の金塊は、米欧の長期金利が上昇するのを眺めてジリ安となった。世界的な株高にも圧迫され、一時1473ドル台に下落した。  英CMCマーケッツのデービッド・マッデン氏は「金塊はトレーダーのリスクオンな姿勢に直撃を受けた」と指摘した。  金塊の寄りつきは1496.245ドル。午前の値決めは1498.35ドルだった。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 56.77 +1.16
NYMEX金先物 11月限 1471.8 -2.7
NYMEXプラチナ先物 12月限 881.1 +12
NYMEXガソリン 11月限 1.6158 +0.0226
WTI ・・・ 57.49 +0
シカゴコーン ・・・ 375.75 -5
シカゴ大豆 ・・・ 916.75 +1.25
シカゴコーヒー ・・・ 106.6 -1.45
CRB商品指数 ポイント 0 +0