ゴム | 2017年03月17日 14:41 JST

〔週間見通し〕東京ゴム、堅調地合い継続か=第一商品・小野氏

 ▽小野孝・第一商品日本橋支店次長=来週の東京ゴムは、ファンドのポジション調整の一巡や、チャート要因の改善などを手掛かりに、堅調地合いが継続するとみている。予想レンジは255~290円。  昨年秋に150円台から上昇を開始した東京ゴムは、投機の買いを背景に1月末にかけて急伸したが、366円70銭で天井を打った。その後はタイ政府の在庫放出などの弱材料を受けて、上げ幅に対する「半値押し」水準まで下げた格好だ。  市場の取組内容は、下落過程でファンドの売りが大きく減少しており、目先のポジション調整は一巡した印象を受ける。半面、一般投機家の売りはまだ残っており、今後は手じまい買いが相場を押し上げる可能性がある。  ゴムの需給は、4月に東南アジアが減産期に入ると引き締まりが見込まれる上に、国内のゴム在庫水準は低い。タイ政府の3月の在庫放出は取りやめとの情報も流れている。下値では実需の買いが入りやすい環境だ。  先ぎりチャートをみると、ピークからの下げ過程で、トレンドラインが約1カ月半にわたって戻りを抑える役目を果たしてきた。今週は下値を切り上げる動きの中で、同ラインを突破しており、今後は上昇期待が高まりやすい。  ただ、いったん大きく崩れた相場である以上、新規の強材料が登場しない限り、前回高値の更新までは期待しにくい。一目均衡表が示唆する290円前後が、当面の上値目標となりそうだ。(了) [時事通信社]


海外主要市場

市場 限月 現価(ドル) 前日比
NYMEX原油先物 ポイント 50.33 +0.32
NYMEX金先物 5月限 1252.7 -0.7
NYMEXプラチナ先物 7月限 940.2 +10
NYMEXガソリン 5月限 1.6523 +0.0089
WTI ・・・ 50.27 +0
LME銅先物 3ヶ月 5580.0 +0
LMEアルミ先物 3ヶ月 1923.0 +0
LMEニッケル 3ヶ月 9175.0 +0
シカゴコーン 3ヶ月 372.5 +2.75
シカゴ大豆 3ヶ月 953 +4.25
シカゴコーヒー 3ヶ月 130.2 -1.9
CRB商品指数 ポイント 185.0767 +0